In My Book

コトバときどき私

ワードクラウドで深い学びを

昨日の授業で語彙を取り扱いました。

複合動詞の「〇〇合う」でした。

 

ただ、上位クラスだったので

「語彙を導入するだけではつまらない」と思い

何か新しいやり方を、と考えてみました。

 

Slidoでは3枚しか質問が作れない

Padletではわたしのやりたいことと方向性が違う

 

 

そこで見つけたのがこのサイトです。

【Poll Everywhere】

www.polleverywhere.com

 

もうご存じの方も多いかもしれません。

リアルタイムアンケートサービスですが、

「25回答」無料で使えるんです。便利~!!

参加するには決められたURLにアクセスするだけです。

問題を作成するには登録が必要ですが

回答するだけならログインは不要です。

これもありがたいですよね。

 

パワポGoogle Slideに結果画面を表示することもできるようです。

今回はその機能は使わずに解答画面をZoomでシェアして使いました。

そして重要なのは「中国の学生も使えた」ことです。

ただこの学生、Googleも使えるんですよね…

ですのでもしかしたらVPNによってはダメかもしれません。

(中国にいらっしゃる先生、よければ使えたかどうか教えてください~)

 

さて、サイトの紹介はこれくらいにしておきます。

今回はワードクラウドを使って語彙の勉強をしていきました。

最初に「あなたは今どこにいますか」という質問で使い方の確認。

お見せしたいのですが学校や学生の場所が書かれていたので割愛。

「地球」「トイレ」「あなたの後ろ」「デジタルワールド」など面白い解答もたくさん出てきました。

 

今日は複合動詞の「〇〇合う」だからね!と念を押して問題に突入。

f:id:lbservice:20200825084059p:plain

答えは「愛し合う」ですが、

「付き合う」と思っていた人が多いことがわかりました。

出てきた単語ももちろん確認していきます。

 

そして次の問題がこれ。

f:id:lbservice:20200825084757p:plain

ほとんどの学生が理解していることがわかります。

釣り合わない、は多分ジョークですね笑

 

f:id:lbservice:20200825084905p:plain

画像をいれることもできます。

これは「〇〇合う」の前にボディーランゲージの語彙を勉強していて

「抱き合う」が出てきたので誰も間違えず解答できました。

 

このようにして複合動詞を勉強しました。

視覚的にみられること、

いったん自分で考えて答えを出してみること、

間違えても匿名なのでハードルが低いこと、

他の学生の答えでヒントをもらったり気が付いたりすること

などなど語彙導入が一気にアクティブになりました。

学生も楽しかったようです。

 

Poll Everywhereの話に戻りますが

ワードクラウドだけでなく選択問題や地図なども使えるそうです。

(※画像は自動翻訳したもので、実際は英語です)

f:id:lbservice:20200825085700p:plain

今回私が使ってみたのはワードクラウドだけですが

もっとアクティブな学びに繋げられそうですよね。

 

25個なので作っては消して…を繰り返すことになるかもしれませんが

パワポに紐づけられればもっと活躍してくれるかもしれません。

 

ただ、ただですね…。

Poll Everywhereの最大の欠点ともいうべき点。

 

質問を作るのがとっても面倒…!!難しすぎる!

 

これ慣れなんでしょうか。

この作成するボタンを押すでしょ?

そこからジャングルに迷い込んだかのように

どのボタンを押せばいいのやらさっぱりでした。

英語が読めれば違うのかな…すんすん…

ワードクラウドだけなのにものすごい時間がかかったので

他のは試行錯誤しながらちまちまやってみようかと思います。

 

みなさん、ぜひ使い勝手や授業の方法シェアしてください~!