In My Book

コトバときどき私

最後のスピーチ

昨日は教え子の「公式の」さよならパーティーでした。

政府関係のお仕事で1年という期間限定のお仕事でしたが

とても楽しかったです。

 

最後のスピーチでは

「日本に来たのは友達を作るため。

今ここから見るとたくさんの友達がいる。

それが幸せだ」

ということを言っていました。

褒め言葉も沢山いただきました。

 

日本語を教えることは

友達を作ること、

日本の文化を知ること、

自分の気持ちを伝えること。

たくさんの友達を作って本国へ帰る学生は

ひときわ輝いていました。

そのお手伝いができたことを誇らしく思います。

 

f:id:lbservice:20180625205525j:image

 

お手紙ももらいました。

人生の先生だそうです(笑)

教師冥利につきますね。